あの世にいくのでれば自然葬がいいのか

subpage01

人は死んだら火葬されて、お墓へ戻るというかたちが、日本では戦後からとられていますが、最近ではお墓ではなく海や山などに灰をまいて自然に帰るという傾向が増えています。

理由はいろいろで、まずは死に対する価値観です。お墓に入るのではなくて広大な自然の元に帰ることで自分たちの魂が生まれかわるということです。

本来、生き物は自然界のありとあらゆる要因が加わり、かつ原子や分子が集まり、一つの個体が発生しているわけです。
死を迎えて仏になるのではなく、元の状態に戻ることで魂が救われると言われています。


つまり現代人は、自然へ帰りたいと思いが強くなっていると言って過言ではないです。


第2に、少子化でお墓の管理ができないことです。


お墓は代々受け継ぐことになっていますが、子ども数が少なくなると受け継ぐ人も必然的に減っていきます。

残されて身内に負担をかけないためにも生前から、自然葬を伝えている傾向があります。


第3に、お墓をつくるほどの土地がないことです。狭い日本で、特に都心部では土地が値上がりしており、お墓でも数百万かかりますので、つくるくらいなら要らないという考え方です。自然葬は現在でも途上国で多く見られます。


日本でも戦前までは自然葬が多かったのですが、衛生面や死に対する考え方などが現在のお墓という構図になっています。

狭いお墓に入るよりは、自然界に戻ることで、また生まれかわるのもいいかもしれません。人の価値観は多様なのです。





ブライダルギフト関連情報を解説します。

ギフト券 購入の最新情報を公開しています。



http://www.47news.jp/topics/prwire/2016/10/282252.html

http://store-tsutaya.tsite.jp/item/rental_comic/103113345.html

http://top.tsite.jp/news/j-pop/o/25028360/

関連リンク

subpage02














知っておくべき粗大ごみの処分法

使い物にならなくなった家電や家具、スポーツ用品などの粗大ごみは、処分に困りますよね。処分方法を知っておけば、いざという時に役に立ちます。...

NEXT
subpage03














粗大ごみ処分の依頼先選択の流れ

粗大ごみとは、家庭やオフィスから出るごみの事で、主に大型で処分が難しい物が対象です。木製で作られた机であったり、解体が簡単な電化製品であれば、分解して分別を行えば処分出来ます。...

NEXT